冠婚葬祭・行事・贈り物に関連するブクマ

贈る側にも贈られる側にも満足

カタログギフトの良い点は贈られた人が自由に品物を選べる点が最大のメリットだと思います。特に結婚式の引き出物では新郎新婦の思い入れの強い品物を贈られたときには贈った側の本人たちは良いかもしれませんが、贈られた人の家では同じものが既にあったり、デザインや色合いが贈られる側の好みに合わない場合も多く、結局、物置行きになってしまうことが多々あると思うからです。
なので、私の結婚式でも、お仕着せの品物を引き出物ではなく、カタログギフトを贈りました。でもカタログギフトであっても、金額の安いものを選ぶと、選べる品物も少なくて、かえって困る場合がありますが、最低5000円以上のものであれば、家族のみんなで取り合いになることもあって、贈る側の、いつまでも自分たちの記念になるものを使って欲しいという要望に沿った形になります。
ですから、贈る側にも贈られる側にも満足の出来るカタログギフトは冠婚葬祭やイベントにはもってこいの、ギフト方式だと思います。

近頃良く聞く贈り物の情報はすぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017贈り物をするということ.All rights reserved.